空調服の着心地とファンを動かすモーターの性能について

外気の温度を遮断する効果を持つ空調服は送風機器の性能が着心地の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。安定した出力を保ち、空気の層を長時間形成できる送風機器が快適な着心地の決め手になります。ファンを動かすモーターの性能はメーカーごとに異なるので、気持ち良く仕事を行うなら空調服選びを妥協してはいけません。

空調服選びのポイントや送風機器の扱い方について学びましょう。

より涼しく作業ができる空調服は?おすすめのタイプと着るときのコツを解説!

空調服はやや大きいサイズを選ぶ

作業服の一種である空調服は衣類の内側に風を送り込み、空気の層を作って外気の熱を遮断する仕組みです。

そのため、普段着よりもやや大きいサイズを選ぶのが快適に着こなすコツと言えます。体の大きさに丁度良いサイズを選んでしまうと空気の層を作るための空きスペースが確保できず、遮熱性を持たせることができません。

空調服は空気が漏れないように気密性の高い生地で作られているため、空気の層が作られないと体から放出された熱が籠ってしまい、却って暑く感じる結果になります。そのような事態を避けるためにも空調服を購入する際は必ず試着を行い、サイズは慎重に選びます。

製品によっては表記サイズと実寸が異なっていることもあるので、愛用しているメーカーであっても購入の度に試着を行うことを厳守します。

ファンの回転数はバッテリーの出力とモーターの性能に影響される

空調服の内側に作られる空気の層は基本的にファンの回転数が多いほど厚くなります。空気の層が厚いほど遮熱性も向上するので、ファンの回転数が多い空調服はより快適に着用できると言っても過言ではありません。ファンの回転数はバッテリーの出力とモーターの性能が大きく関係しています。

電源となるバッテリーは出力が大きいほどファンに与えるパワーも増えます。回転数を増やすなら高出力のバッテリーを選ぶのが良い方法ですが、それ以上にファンを動かすモーターの性能が重要です。バッテリーを交換してもモーターの性能を超える回転数を出すことはできません。

遮熱性の高さを保つならファンを回すモーター選びをもっとも重視すべきと言えます。ひと口にモーターと言ってもメーカーによって性能は様々です。基本的にモーターの回転数が多くなるとバッテリーも早く消耗します。短時間でバッテリー切れになるため、環境によっては回転数が多いモーターは適していません。

空調服を着用する目的や作業環境を踏まえて送風機器を選ぶのが快適に使いこなす秘訣です。

送風機器は同じメーカーで統一するのが安全に使う条件

空調服に取り付けられている送風機器は風邪を送るファンと電源になるバッテリー、そしてファンとバッテリーを繋げる配線機器で構成されています。いずれもメーカーによって性能が異なりますが、安全に使い続けるならすべての機器を同じメーカーで統一させることが絶対条件です。

用途は同じでもそれぞれの機器は出力や消費する電力が異なります。そのため、異なるメーカーの機器を組み合わせると漏電や過熱などのトラブルに見舞われる可能性があります。

また、機器を接続する端子の形状もメーカーごとに異なっていますが、組み合わせるために改造や分解を行うのも非常に危険です。

性能が落ちたり故障した場合は同じメーカーの機器と交換するように心がけます。

送風機器のメンテナンス方法

送風機器の改造は思わぬ事故に遭う危険があるので絶対に行ってはいけません。その一方で汚れが付着してもそのまま放置して使い続けるのは性能の大幅な低下を招きます。汚れが機器の内部に入り込んで部品を劣化させてしまうためです。

いつまでも空調服を快適に着こなすなら送風機器のお手入れを疎かにしないことが肝心です。表面に付着した汚れは清潔で柔らかい布を使って拭き取ります。その際は端子やカバーの接合部分などに汚れが触れないように細心の注意を払います。

また、洗浄剤などの薬品も使ってはいけません。ファンの中には汚れ取りのフィルターが付属している物があるので、お手入れの際は新品のフィルターと交換するだけで済みます。フィルターが付属していないファンは羽の部分を丁寧に拭き取る必要がありますが、モーターの内部に汚れが入り込まないように気を配ることを忘れてはいけません。

ファンに使われているモーターは密封構造になっている物がほとんどですが、稀に熱を逃がすためのすき間が設けられている物もあります。汚れが入り込んで故障するおそれがあることから、汚れた環境で空調服を着用する際は送風機器の交換が必要です。

掃除だけでは取り切れないほどの汚れがこびり付いた場合は新品に買い替えるのが賢明な対処法です。ほとんどの空調服メーカーは送風機器を単体で販売しているので、交換用に購入することは難しくありません。

空調服を購入する際は信頼できる所を選ぶ

空調服は作業服の一種なので、購入する際は専門店を利用するのが無難な方法です。近年では作業服を扱う通販業者が増えているので、近隣に専門店が無い地域に住んでいる人も熱中症予防に適した空調服を購入することができます。

その一方で通販業者からの購入は試着ができないので、サイズ合わせや送風機器の使用感の確認が非常に困難です。利用者の口コミなどの情報を入念に確認して、信頼できる業者を利用するのが満足できる結果を得るための条件になります。

購入後の返品を受け付けているなどアフターサービスが充実していることも選択肢のひとつです。

用途によって生地の材質を選ぶ

空調服は気密性の高さを保つため、その多くが化学繊維の生地で作られています。化学繊維は細く加工することができるので、気密性の高い生地を作りやすい素材です。シワもできにくく、安価で購入することができます。しかし化学繊維は熱や摩擦に弱い欠点もあるので製品加工などの現場で着用する際は注意が必要です。

綿生地は化学繊維よりも燃えにくく、摩擦にも強いので火花が飛んだり生地が擦れる環境に最適です。その一方で化学繊維よりも気密性は劣るので、遮熱性はあまり高くありません。空調服に使われている生地の材質がどのような環境に適しているのかを正しく理解することが快適に着こなすための重要な条件です。

モーターの性能と生地の特徴を知ることで空調服を上手に活用できる

ファンのモーターは高性能な物ほど回転数が多くなりますが、必ずしも多ければ良いとは限りません。回転数が多くなるほどバッテリーも早く消耗する点を注意します。また、空調服は生地によって気密性や耐久性が異なります。

着用する環境に合わせて最適な生地の一着を選ぶと共に、ファンについてもモーターの回転数を考慮することを心がけます。